六白の坎入

今日もスッキリしないお天気でした

運動会が予定されていた学校もありましたが、中止になったようで、子供達も親達も
残念だったのではないかと思われます。

さて、今月から既に来年の気が流れ始めていると思いますが、まだ一白中宮です。
私の上司は六白です。

以前話した知人は、自身が大変な事をしてしまいましたが、私の上司は、会社の景気が
悪くなる一方で、色々とプレッシャーや目の前の作業に追われています。

どちらかというとポジティブで、何に対しても前向きにとらえる人ですが、あちこち
からの圧力もあり、知らぬ内にストレスが溜まり溜まったのでしょうか、先日、片目が腫れ
上がりピクピクしているとの事。
涙目になり、更には腫れている片側半分の顔まで腫れて、耳の調子まで悪くなってしまい
ました。

さすがに、マズイと思い、病院へ行くように言いましたが結局行かず・・・
翌朝、とりあえず何事も無かったかのように出社しましたが、私には、大きな何かの
前触れではないかとしか思えませんでした。

更には、来月から本社へ異動。
新しい職場では、まだ何をするのか知らされていないそうですし、何よりも、今まで
車通勤だったのに、電車通勤になるので辛いと。
今更、満員電車の通勤はキツイと言っていました。

散々会社の為に尽くしても、会社の都合で簡単に動かされてしまいます。
健康を害してまでやる必要があるのか?
上司なりの坎入なんだなぁと思いました。

坎入でも、何も影響を受けない人もいます。
おそらく、生まれながらの運の強さや、吉移動したり、名前を整えたり、家相を整えたり
と色々知らぬ間にそのような影響があるからかもしれません。

逆に言うと、坎入と思える事があれば、流れに乗っているとも言えますから、それは
それでいいのかもしれません。
いかに乗り越えるかが課題ですからね。
日頃の心構えも大切だと思いました。

それはさておき、やはり気学を知っていれば、どういう心構えで一年を過ごせばいいのか、
どういう事をすればいいのか、こういう年だからこうなんだと思えますから、学んでいる方は
得をしていると思います。
占いとは違いますから、自分で抜け道を見付けられるので自分で解決出来る力も出来ます。

来年の展望、早く聞きたいです。
「展望と開運」の本も発売されるようなので、予約注文しました。

展望と開運2018 -
展望と開運2018 -